リバイタルグラナスと相性の良い食品、相性の悪い食べ物

リバイタルグラナスと相性の良い食品、相性の悪い食べ物を紹介します。ただし、肌に良い食べ物を食べれば肌がキレイになるというわけではありません。食べる物の組み合わせが大事です。肌の調子が悪い時だけに一時的に摂るのではなく、日々の食事でバランスよく摂り続けることがポイントです。
MENU

リバイタルグラナスと相性の良い食品とは?

リバイタルグラナスの効果を簡単に言うと、肌のハリと美白ケアですが、その効果を最大限に発揮するために相性の良い食べ物があります。

 

リバイタルグラナスは、基本的に朝晩2回、洗顔後の清潔な肌に使います。しかし、肌がいくら清潔でも、身体の中から栄養が満ちていないと、外側からの栄養だけでは肌は美しく成長しません。そこで、リバイタルグラナスの成分を更に活かす食べ物を詳しく紹介します。

 

【肌のハリに良い食べ物】

 

  • コラーゲン

<摂取量>1日に5〜10g

 

フカヒレ・うなぎ・鶏軟骨
肌のハリを作るコラーゲンには、海洋性食品と動物性食品があります。消化と共に分解されて吸収されにくいので、吸収を助ける効果のあるビタミンCやトリプトファンやエラスチンや鉄分と一緒に摂ることが重要です。コラーゲンを含む食品はカロリーが高いので、運動を組み合わせて消費しましょう。

 

  • ビタミンC

<摂取量>1日に2,000mg以上(必要最低限は100mg)

 

柑橘類・赤ピーマン・焼きのり
コラーゲンの働きを助けるビタミンCは、一度にたくさん摂取しても2〜3時間で排泄されてしまうので溜め込んでおけません。消化吸収されていく中で破壊されていく性質があるので、こまめに摂る必要があります。摂り過ぎた分は排泄されますが、腎臓などに負担がかかるので3食に分けて摂りましょう。

 

  • トリプトファン

<摂取量>50kgの人で1日に100mg程度(体重1kg当たり、2mg程度)

 

枝豆・ごま・プロセスチーズ
トリプトファンは、人間の身体作りに欠かせない必須アミノ酸の一つです。コラーゲンには、トリプトファンが含まれていないので、一緒に摂取しないと美肌効果がありません。トリプトファンが不足すると美肌を損なうだけでなく、睡眠障害やうつ病の原因にもなるので、心身ともに健康でいたい方には欠かすことができない成分と言えます。

 

  • エラスチン

<摂取量>1日に30mg

 

牛すじ肉・手羽先・しらす
エラスチンは、コラーゲン同士を繋ぐ柱のような役目をしています。弾性線維とも呼ばれ、弾力がありハリのある肌には欠かせないものです。エラスチンの合成を促進するビタミンAやビタミンKと一緒に摂ることが重要です。

 

  • 鉄分

<摂取量>成人女性で1日に40mgが上限(必要最低限は6mg)

 

豚レバー・パセリ・あおのり
鉄分は、人間の身体作りに欠かせない必須アミノ酸の一つです。不足すると顔色が悪くなったり、目の下にはクマができ、肌細胞の酸素が不足して肌がボロボロになります。鉄は肝臓に貯蔵されるので過剰摂取は肝炎や肝がんのリスクが高まるので注意が必要です。

 

【肌のシミやくすみに良い食べ物】

 

  • ビタミンC

<摂取量>1日に2,000mg以上(必要最低限は100mg)

 

アセロラ・シイタケ・芽キャベツ
ビタミンCは、コラーゲンの働きを助ける役割だけでなく、シミなどの色素沈着にも効果があります。シミの色素のもとである「メラニン」の生成を抑え、メラニン色素を元の色に還元します。ビタミンCには「活性酸素」を抑える働きがあるので、抗酸化作用によって肌の老化を防ぎ、「副腎皮質ホルモン」の合成を促しストレスに強い肌にします。

 

  • セラミド

<摂取量>1日に600〜1200μg

 

コンニャク・黒豆・牛乳
セラミドは、肌の一番表面の角層細胞どうしを繋ぐ細胞間脂質です。角層細胞は死んでいる細胞で厚さがわずか0.02mmしかありませんが、生きている細胞を守る大事な役割もしています。肌のハリにも重要なセラミドが不足すると肌のターンオーバーが正常に行われず色素沈着も進行します。

 

  • リコピン

<摂取量>1日に15mg以上

 

ミニトマト・スイカ・ローズヒップ
リコピンとは「カロテノイド」という色素成分の1つで、主に赤い野菜や果物に入っています。リコピンには抗酸化作用があり、美白効果と肌のキメを整える効果や、吹き出物の解消、むくみや便秘の解消にも効果があります。リコピンは、脂質と一緒に食べないと吸収されないので組み合わせを工夫して摂取してみましょう。

 

  • メチオニン(L-システイン)

<摂取量>50kgの人で1日に5g程度(体重1kg当たり、100mg)

 

かつお節・高野豆腐・あまのり
メチオニンを摂取すると、体内でL-システインに合成されます。L-システインには、シミの原因であるメラニンの生成を抑える働きがあります。ビタミンCやB6を一緒に摂るとL-システインの吸収率が上がります。ただ、過剰摂取すると、シミの元となる活性酸素の量が増えたり、L-システインまで合成されなかったホモシステインが動脈硬化のリスクを高めるので注意が必要です。

 

  • ビタミンE

<摂取量>1日に成人で女性6.0mg、男性6.5mg

 

アーモンド・あん肝・抹茶の粉末
脂溶性ビタミンの中の一つであるビタミンEには、抗酸化作用があります。ビタミンCやBの水溶性ビタミンとは違い、体内に長い時間とどまりますが、過剰反応を起こしやすくなりますビタミンCと同時摂取することによって、その効果を発揮します。毛細血管の血行をよくする働きもあるので肌ツヤも良くなります。

 

  • β-カロチン(ビタミンA)

<摂取量>1日に成人で女性3600μg、男性4000μg

 

にんじん・うに・あんず
β-カロチンは、植物や動物が持つ色素の一つで、体内でビタミンA(レチノール)に変換されます。β-カロチンは、体内に蓄積された後必要に応じてビタミンAに変換されるので過剰摂取の心配はありません。美肌の大敵である活性酸素を抑え、皮膚や粘膜の細胞を正常に保ったり、免疫力を高める働きがあります。

 

  • エラグ酸(天然ポリフェノール)

<摂取量>1日に1500mg

 

イチゴ・タラ・ナッツ類
エラグ酸は、シミの原因である「チロシナーゼ」の働きを阻害してメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できるだけでなく、糖尿病の予防もできる栄養素です。ビタミンCと一緒に摂ると効果的で、副作用や過剰摂取による心配はありません。

 

美しい肌を手に入れるためのポイント

いくら肌に良い食べ物を食べたからといって、肌がキレイになるという訳ではありません。毎日コツコツ以下のことを積み重ねることによって、美しい肌が手に入ります。

 

  • 栄養バランスの整った食事
  • 規則正しい生活
  • 質の良い睡眠
  • ストレスと上手に付き合う
  • 自分に合ったスキンケア

 

特に、食事とスキンケアは費用がピンキリなので、お金を掛ければ良い結果が出るとも限りませんが、多少は掛けないと良質の栄養成分が補給できません。肌が美しく整うことによって、日常が潤い、費用を掛けた分の効果が得られるはずです。

 

うまく時間を使って、美肌のための費用をも捻出できる能力こそが、内面の美しさも兼ね備えたキレイな肌を手に入れられるテクニックかもしれません。

 

リバイタルグラナスと相性の悪い食べ物とは?

リバイタルグラナスの効果を損なう可能性のある食べ物もあります。

 

【肌のハリに悪い食べ物】

  • アルコール

コルチゾール(副腎皮質ホルモン)の上昇を促し、コラーゲンやエラスチンの代謝を悪くします。

 

  • たっぷりの砂糖

タンパク質とくっついて『糖化』とよばれる現象が起きるとコラーゲンが硬くなってしまいます。

 

  • 質の悪い油

抗酸化物質をたくさん必要とするので、肌の老化を招きます。

 

  • カフェイン

色素沈着やシミを悪化させます。

 

肌に良い食品だからといって食べ過ぎも良くありませんが、食べないなどの過度なダイエットをすると栄養不足になり、肌にまで栄養がいかなくなります。栄養は食べ物からバランス良く摂取して、運動でカロリーコントロールする方が美肌効果が高いです。

 

リバイタルグラナスで身体の外側から補給した栄養は、食品やサプリメントで摂取した内側からの栄養と相乗効果で肌をキレイにしていきます。美肌を手に入れるには、外側と内側どちらの栄養も必要です。

 

肌に良い食べ物の摂り方とは?

肌に良い食べ物を食べれば肌がキレイになるというわけではありません。食べる物の組み合わせが大事です。肌の調子が悪い時だけに一時的に摂るのではなく、日々の食事でバランスよく摂り続けることがポイントです。

 

肌に良いといわれるコラーゲンなどの栄養素は、比較的高カロリーなので、運動は不可欠です。砂糖をたっぷりと使ったお菓子や質の悪い油などの肌に悪い食べ物を制限することもカロリーコントロールになりますが、運動なしに美肌は得られません。

 

運動することによって、肌に良い栄養成分を含む食べ物に付いてきたカロリーや、いらない老廃物を身体から追い出すことができるのです。リバイタルグラナスで毎日スキンケアすると、肌の新陳代謝がより活性化するので、運動の効果が更に期待できます。

このページの先頭へ